印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


一般社団法人ディジュリドゥ健康法普及協会のサイトです

HOME > ディジュリドゥ健康法とは

ディジュリドゥ健康法™ をはじめませんか!


昨今、ディジュリドゥの独特の演奏法は、心身の健康維持増進にとても効果的であることが、わかってきました。
その効果をいくつかご紹介させていただきます。

 ヨガや気功などでも基本となる「呼吸法」。
呼吸は人間の生命維持活動の中でも最重要です。たとえば、通常の健康な状態であれば、3日食事をとらなくても死にませんし、1日水を飲まなくても死にませんが、10分も呼吸を止めていたら・・・。
そうです。呼吸はとても大事なもので、古神道では、「呼吸(息)は命そのもの」だとも言っているほどです。。

 ご存知かと思いますが、呼吸には「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の二種類があります。
「胸式呼吸」は、息を吸った時に肺が上方に膨らみ肩が上下する浅い呼吸で、主に、悲しい時、辛い時、苦しい時、怒っている時など、ネガティブな感情と共に行うものです。
「腹式呼吸」は、息を吸った時に肺が下方に膨らみ横隔膜を押し下げ下腹部が膨らむ深い呼吸で、主に、楽しい時、うれしい時、気持ちいい時、寝ている時、瞑想している時など、ポジティブな感情と共に行うものです。

「泣きすぎて胸が痛い」と言ったり、「笑いすぎておなかが痛い」と言いますね。泣いている時は、胸式呼吸で胸が苦しくなって痛くなり、笑っている時は、腹式呼吸で腹筋が痛くなっているのですね。
この呼吸の種類と感情の連動を利用して、ネガティブな感情が出てきた時にあえて腹式呼吸をするとその感情を抑制することができます。

 これは、呼吸によるホルモン分泌による効果です。
胸式呼吸をしている時はアドレナリンが分泌し、腹式呼吸をしている時はドーパミンホルモンが分泌するのです。

 例えば、足をぶつけたりして激しい痛みを感じた時、「もう笑うしかない!」というのは、笑うことで腹式呼吸をしてドーパミンホルモンを分泌させ、痛みを和らげる効果を発揮しているのです。
ディジュリドゥを吹く時は、この腹式呼吸をしますから、心のバランスを整えるのにとても効果があります。
丹田呼吸法を実施していることと同じことなのです。

 ディジュリドゥ演奏を正しく長年続けていると、丹田呼吸よりさらに深い腎呼吸の域に達することになります。これは、最も深い腹式呼吸の域で、深い瞑想と共に、心の健康に大きな効果をもたらします。
また、ディジュリドゥ演奏は、鼻呼吸を基本としますので、近年「味覚障害」や「ウイルス性疾患にかかりやすくなる」危険度を増すことで問題になっている口呼吸を改善することにも効果的です。
さらには、アメリカでは、睡眠時無呼吸症の治療にディジュリドゥ演奏を取り入れているという報告もあります。

ディジュリドゥを演奏することで、呼吸器系を強化でき、健康維持増進に大いに効果を上げます。

 ディジュリドゥの演奏は、唇の振動音を音源としていますので、その振動が、顔面のツボを刺激して、健康増進効果を発揮します。

 唇の微振動とディジュリドゥの音の波動による振動で頭蓋骨に微振動が誘発され生命維持の中枢組織である脳幹を活性化します。これにより、命そのものが強化され、健康維持促進に大きな効果を上げます。

 ディジュリドゥを演奏している時には、腹式呼吸を絶えず続けていますので、それにより、腹筋や背筋などをよく運動させることで、ほどよい有酸素運動になります。

 一日にほんの数分でも瞑想する時間を取り入れることで、健全な精神を保ち、生活をより豊かなものにできると、多くの成功者の皆さんが報告されています。実業の世界でも、多くの経営者が瞑想の重要性を説いていらっしゃいます。
瞑想は、宗教的な世界のものだけではなく、かつては武士道でも重要な精神性を養うものでした。

 ディジュリドゥを演奏している時は、脳波はアルファー波からシータ波までの状態になり、深い瞑想状態と同じ状態になります。
「長年瞑想ができなかった…」という方も、ディジュリドゥを吹くだけで、すぐに瞑想状態に入れることも確認されています。
この時、自律神経のバランスが正しく取れてきます。

 ディジュリドゥの音には「倍音」といって、主に出ている音の二倍三倍の周波数の音や半分の周波数の音など様々な周波数の音が同時に出ています。非可聴音域の高周波や低周波の音も出ていて、この音の効果が、人体にとても良い効果をもたらすと言われています。特に「倍音」と言われる音の成分は、自然界に当たり前にあるもので、電気的に作られた音以外には、ほとんどの場合含まれています。いわゆるアコースティックな楽器の音や肉声で、この倍音成分が多く含まれていると、人は心地よさを感じ、その音を好むようです。肉声では、日本の歌手では、例えば「松任谷由美」さんがその代表と言われています。

 ディジュリドゥの倍音は、モンゴルのホーミーやアイヌのムックリに並び評されるほど強いもので、自然の中で演奏すれば、鳥や獣や虫たちが喜び、近づいて来たり一緒に歌いだします。魚や亀でも寄ってきます。森の草木も風がなくても動き始めることさえあります。すべての命が喜ぶのでしょう。

 私たち人間の心身にも良い影響を与えるに違いありません。
また、ディジュリドゥの独特の音は、私たちが胎内にいた時や産道を通る時に聞いていた音に似ていることから、ディジュリドゥの音を聞いて「心地よい」とか「懐かしい」という感情が湧いてくると言われています。極稀に、ディジュリドゥの音が不快に感じる方がいらっしゃいますが、ほとんどの方は、難産で生まれた方です。

ディジュリドゥを健康法として、ご提案させていただいています。お気軽にお問い合わせください。